東京で目頭切開の手術を受けて長年の悩みが解消しました

二重になるまでの準備

会社を辞めて私はすぐに目頭切開を受けようと思い、どこで受ければよいのかと悩みました。
インターネットで情報収集をして、気になるクリニックを5件に絞りました。
気になるところにすべてに事前にメールで相談をし、この時に変身が遅かったところは候補から外しました。
結局3県のクリニックに相談を行きましたが、そのうちの1件が私は非常に気になりました。
カウンセリングでは専門的な知識を持ちながら説明してくれて、顕微鏡を使って手術するということだったので、ここに決めました。
手術はカウンセリングから1か月後を予約しました。
私は就職すると同時に東京で一人暮らしをしていたのですが、なかなか実家に帰ることもできなかったので、この時に実家に帰り少しのんびりしました。
その後美容室にも行き、後々必要になるだろう化粧品や日用雑貨なども、忘れないうちにすべて購入しておきました。
手術の後は家に引きこもることになると予想したので、できる限りの用事や顔にかかわることは済ませておきたかったのです。
私はそれまでコンタクトレンズをしていたのですが、手術後はコンタクトレンズはできないだろうと思ったので、新しいメガネも購入しておきました。
また傷口が気になるかもしれないと思い、度が付いたサングラスも購入しました。
そしていよいよ手術当日になりました。

小さいころからの夢二重になるまでの準備整形日当日